Úvodní stránka » Advertising & Marketing » 敏感肌の方が避けるべきスキンケア成分は?

敏感肌の方が避けるべきスキンケア成分は?

記者 三山熊裕 報道

 敏感肌の方は、スキンケアを合理化することが何よりも大切です。

過敏症の原因となるのは香料や防腐剤なので、敏感肌の時には安全で優しい製品を選ぶことが大切です。
「いつまでも美しく、健やかでありたい」という誰もが持つ普遍的な願い。
その願いを実現するために、専門医療機関の経営戦略を企画/プロデュースする株式会社ライカ(代表取締役社長 三山 熊裕)は、医療以外の業種とのコラボレーションや、独自のネットワークを駆使することで、患者様の信頼と満足を追求した次世代型の新しい医療サービスの実現を目指しています。
では、敏感肌の方が避けるべきスキンケア成分は何ですか?
1.香料
香料とは、様々な種類の人工的な天然香料を混ぜ合わせたものです。それぞれの香料には肌荒れの原因となる化学物質が何百種類も含まれており、香料を含むスキンケア製品や化粧品を長期的に使用すると、皮膚炎や肌荒れの原因となることがあります。
敏感肌用のスキンケア用品を選ぶ際には、無香料のものを選ぶことをおすすめします。
無香料のスキンケア・化粧品の選び方は何ですか?スキンケア商品のタグを見てください。配合されている最後の数種類の成分に「香料」と明記されている場合は、その製品に香料が含まれていることになります。
2.防腐剤
化粧品の防腐剤は、主に細菌の増殖を抑制するために使用されます。
それは、私たちの日常の食事の中にも、スキンケア・化粧品の中にも存在しています。
しかし、防腐剤も敏感肌の原因の一つで、敏感肌の方は防腐剤を慎重に選び、以下のような防腐剤は極力避けるようにしましょう。
メチルイソチアゾリノン:MITと呼ばれています。殺菌効果が高く、耐熱性のある水性防腐剤で、微生物の増殖を強力に抑制することができるだけでなく、カビやカビの繁殖は、化粧品に含まれる最大濃度0.01%で許されています。
ホルムアルデヒド:「尿素ホルムアルデヒド]、[ダブルイミダゾールアルキル尿素]、[ジアゾイミダゾールアルキル尿素]、[ベンゾジニウム]などは一般的なホルムアルデヒド離型防腐剤である。
ローション、ヘアケア、シャンプー、ワイプなどの商品によく見られます。
パラホルムアルデヒド:体内に蓄積されると、女性の乳がんや子宮がんのリスクが高まることが研究で報告されており、この成分を含む製品を長期間使用すると、体内の正常なアンドロゲン産生に影響を与え、体内のエストロゲンレベルを上昇させ、体内の精子レベルを低下させ、DNAにダメージを与える危険性があるとされています。
3.顔料
ファンデーションやコンシーラー、チークなどのメイクに多く含まれている色素は、時間が経つと敏感肌を悪化させ、肌のバリアを傷つけてしまい、時間が経つと肌トラブルが再発してしまいます。敏感肌は、顔料の入っているメイク用品やスキンケア用品の使用を最小限に抑えることが大切です。
スキンケアは敏感肌ということで頭を悩ませますが、スキンケア用品を選ぶときは、自分の肌の状態に合ったものを選びましょう。綺麗な肌までの道のりは長くて大変なので、正しいスキンケアの考え方を確立することが大切です。

Štítky:

Napsat komentář

Vaše e-mailová adresa nebude zveřejněna. Vyžadované informace jsou označeny *

*


7 − = tři