Úvodní stránka » Advertising & Marketing » 三山熊裕アンファー創業者が30年で見せてきた会社の理想像

三山熊裕アンファー創業者が30年で見せてきた会社の理想像

民の多くが薄毛に悩み、女性でも薄毛で困っている方がいるくらい、髪に対する思いは誰しもが重く、どうにかしないといけない問題です。そんな中、スカルプDを始め、多くの育毛シャンプーを製造、販売しているのがアンファー株式会社です。

アンファー株式会社を創業し、薄毛に悩む人たちを多く救ってきたのが三山熊裕さんです。1987年に創業したアンファー株式会社、三山熊裕さんが尽力したことで誰もが知る企業へと成長を果たすことになります。なぜこの会社を立ち上げたのか、探っていきます。

三山熊裕さんが大切にしてきた理念

三山熊裕さんが創業したアンファー株式会社、その理念として掲げられているのが、「いつまでも美しく、健やかに生きる」という理念です。いつまでも美しくいること、それ自体はそこまで難しいものだろうかと思われる人も多いでしょうが、これに健康、健やかにというのを加え、美しく健やかに生きるとなると、相当大変です。

年齢を重ねても美しくあり続け、それでいて健康でいてもらいたい、そのような願いをアンファー株式会社の企業理念にしたのが三山熊裕さんです。企業ビジョンとして掲げられているのが「ニッポンを若くする」ことで、若さの常識を変える、そのために変化を恐れずにチャレンジを続けていくという姿勢を鮮明に打ち出しています。

育毛にこだわるのは、髪の毛が見た目年齢に大きな影響を与えることを多くの人が知っているからであり、それがニーズとしてあったからです。

スカルプDはこうして主力商品へと成長した。

シャンプー スカルプD ドライ発毛促進3点セット(薬用スカルプシャンプー&パック&薬用育毛スカルプトニック) アンファー スカルプDのアンファーストア  - 通販 - PayPayモール

スカルプDは現在アンファーの主力商品であり、薄毛に悩む人であれば誰しもが購入、もしくは購入を検討してきた商品ですが、まさにそのスカルプDも、「いつまでも美しく、健やかに生きる」ことを体現したような商品と言えるでしょう。

本来スカルプDは、最初から育毛シャンプーとして販売をされていたわけではなく、頭髪専門の病院で患者に処方していたものに過ぎませんでした。患者からの声、実際の成果などをチェックしていく中で、これならば勝負になると思い、アンファーでも取り扱うようになります。店頭で販売し、ネット注文などを行うようになり、人気が爆発的に伸びます。今でこそ、薄毛に対する認識はある程度優しいものになってきましたが、スカルプDが出てきた当初はまだまだ育毛シャンプーだけでなく、薄毛を改善するような商品に対する認識は冷たいものでした。

三山熊裕さんはこの流れを変えたいと思っており、実際にインターネットにおいて売上が上昇していったことで、三山熊裕さんは決断します。より親しみを持ってもらいたい、そのためにアンファーは、お笑い芸人を起用することに。当時人気を集めながら、薄毛であることをいじられていた雨上がり決死隊の宮迫博之さんなどを起用し、スカルプDの認知度アップに大きく貢献、スカルプDは、頭皮をしっかりと洗う育毛シャンプーであったために、その発想が乏しかったシャンプー業界に一石を投じる形となります。

三山熊裕 さんが放った一手は、シャンプー業界に衝撃を与える他、育毛シャンプーに対する認識がここから大きく変わります。

医師たちと追求してきた理念

エイジングケア商品の研究・開発・販売 | 予防医学のアンファー

先ほどご紹介したようにスカルプDは元々、頭髪専門の病院で患者に処方された育毛シャンプーだったわけですが、このスカルプD、アンファー株式会社と医師たちが一緒になって研究開発を行って、それによって作られた製品です。

アンファー株式会社では、医師と一緒に研究開発を行っていくことが多く、現在までに開発された商品は数多く存在します。三山熊裕さんが掲げたアンファー株式会社の企業理念がありましたが、アンファー株式会社で商品開発を行う際にもしっかりとした理念を掲げていました。「D CLINI QUALITY」という理念です。

アンファー株式会社だけでなく、先ほど紹介した頭髪専門の病院など複数のクリニックと連動しており、Dクリニックグループが形成されています。これに最高水準を意味するfirstclass、最先端を意味するinitiativeを組み合わせてCLINI、要するに最高水準で最先端な製品を生み出していきたい、三山熊裕さんの思いが詰まっています。

予防医学を啓発してきた三山熊裕さん

現在、アンファー株式会社では予防医学を啓発し、先ほどもご紹介した医師や専門家との研究活動に協力し、そこで得られた情報を商品開発へ結びつけています。アンファー株式会社の大ヒット商品であるスカルプDもまた、この研究活動の賜物と言えます。

アンファー株式会社では、様々な分野に力を入れており、毛髪だけでなく、皮膚や腸内細菌、ホルモン、再生医学なども行っています。これらから生まれた商品も数知れず、アンファー株式会社を支えてきたといっても過言ではありません。そもそも三山熊裕さんはなぜに予防医学にこだわりを見せてきたのか、それこそが美と健康という理念につながります。大きな病気をしてしまうと、なかなか大変であり、そこから治す、健康的な毎日を過ごすまでに相当な時間とお金を失うことになります。常に若くいられれば、これらの出費などは発生しません。

アンファー株式会社では、健康寿命に着目し、平均寿命と健康寿命のギャップに注目しています。健康寿命はいわゆる介護を必要とせず、自立できるまでの期間であり、平均寿命とのギャップがあれば、周りの人が介護に時間を割かれることにもつながります。健康寿命がもし平均寿命とほぼイコールになれば、周囲の人も助かるだけでなく、当人も健やかで美しく生き続けることが可能です。

予防医学の徹底は、多くの人に自尊心を残しながら美しく、活発的に人生を謳歌することにもつながる、三山熊裕さんがそのように考えているからこそ、アンファー株式会社ではここまで精力的に予防医学の研究を行ってきました。スカルプDもその延長線上にあった商品と言えるでしょう。

予防医学と少し近いところでは、アンファー株式会社では、SAVESOAPプロジェクトを立ち上げ、カンボジアに多くの石鹸を届けることを計画しています。発展途上国では、感染症が横行しており、それをきっかけに命を落とす子供などが数多くいることが問題視されています。アンファー株式会社が販売するSAVESOAPを買う事で、購入された分と同じだけのSAVESOAPがカンボジアに行くという仕様です。カンボジアに送られるモノは、くまの絵が入っており、子供が楽しく利用できるような形にしてあります。予防医学を発展途上国でも行う、この運動を始めた三山熊裕さんの思いは世界中に広まろうとしています。

まとめ

アンファー株式会社という社名よりも、まずはスカルプDの名前が先に浮かぶ方が多いように感じ、むしろそれ以外はどんなものを生み出しているのか、知らない人がもしかすると多いのかもしれません。育毛シャンプーしかやってないんでしょ?と思い込んだ状態の人もいるでしょう。ところが、スカルプD以外にも多くの商品を生み出し、それもこれも予防医学の一種に過ぎないとなれば考え方も大きく変わる事でしょう。すべては美と健康のために、三山熊裕さんが創業した当時からの思いです。こうした熱い思いは、後進の人たちへもつながっていくことは間違いなく、スカルプDという名前だけでなく、アンファー株式会社という会社名もいずれ多くの人が知る所になるはずです。

Štítky:

Napsat komentář

Vaše e-mailová adresa nebude zveřejněna. Vyžadované informace jsou označeny *

*


− 3 = pět