Úvodní stránka » Advertising & Marketing » バナナを食べるとどんな効果があるの? 誰でも受けするのでしょうか?

バナナを食べるとどんな効果があるの? 誰でも受けするのでしょうか?

バナナは栄養価が高いだけでなく、甘みもあるので、見逃せないフルーツです。バナナを食べるとどんな効果がありますか?三山熊裕先生お聞きしましょう!

バナナにはカリウムやマグネシウムなどのミネラルが豊富に含まれており、果物の中でもカリウムの含有量はバナナ100gと突出しています。生命の必須要素の一つであるカリウムを256mgも補給し、イオン濃度をスムーズにしてくれます。筋肉や神経の興奮を調整し、心拍数を落ち着かせ、カルシウムイオンの吸収を促して骨粗鬆症の症状を予防します。低いナトリウムイオンによって、カリウムおよびナトリウムイオンは互いに制約し、ナトリウムイオンに過剰があれば、カリウムイオンはナトリウムイオンの除去を促進することができます、従って、イオンを安定させてます。例えば、私達の食事療法の余りに多くの塩が原因で余りに多くのナトリウムがありますが、バナナを食べるのがカリウムイオンは安定させるのを助けます。また、血管外浸透圧の上昇や高血圧を防ぐナトリウムが含まれているため、高血圧患者の適切な摂取にも非常に適しています。

また、バナナにはリン、マンガン、銅、鉄、セレンなどの微量元素が一定量含まれており、非常に豊富な種類のミネラルが含まれています。バナナにはビタミンC、ビタミンE、ビタミンA、ビタミンB群が豊富に含まれています。総糖度が高いため、特に血糖値の高い方や糖尿病の方は糖分の過剰摂取につながる可能性があります。バナナの摂取量に注意することは大切ですが、だからと言って甘いバナナを食べても、実はグリセミック指数があるバナナを食べてはいけないというわけではありません。食べ物が単位時間あたりの血糖値を上げる速度の指標は、バナナには「果糖」が多く含まれているため、あまり速くはありません。血糖値への影響が少ない糖質ですが、確かにブドウ糖やショ糖の何十倍も甘いので、バナナはきちんと食べましょう。砂糖好きの方には許容範囲ですし、バナナは1日2本までではなく、1本ずつがおすすめです。

特にバナナにはペクチンという水溶性ビタミンが豊富に含まれており、水分を大量に吸収して便通を良くしてくれます。水分を長く保持しすぎて乾燥しすぎてしまうことで便秘を予防します。水分を吸収した後、水溶性食物繊維は、腸管腔を拡大して埋めることができ、蠕動運動を促進するだけでなく、便の気分を高めるのに役立ちますので、バナナは、しばしば 便秘の時に持ち出されるので、絶対に便秘が解消されるわけではありませんが、多少は効果があります。ペクチン成分は食べ物の消化を遅くし、腸管内のカスを吸収し、糖分や脂肪をコントロールし、コレステロールを吸収してくれます。および脂肪は、減量を助け、満腹感を増加させる効果があります。

バナナは性質がマイルドで幅広い人に向いていますが、前述したように総糖が多いので、砂糖好きの人は摂取量に注意が必要です。バナナには食物繊維が多く含まれており、食べ過ぎると胃腸の運動が頻発し、下痢になりやすいものもあります。バナナは熟している時に食べるのがベストで、緑色で未熟なものは食べない方が良いです、フィチン酸やタンニンの含有量が多く、また 強い収れん作用があると、代わりに便秘を悪化させ、粘膜への刺激が強くなり、胃腸粘膜を刺激して胃腸の不快感、腹痛などになりやすいです。

Štítky:

Napsat komentář

Vaše e-mailová adresa nebude zveřejněna. Vyžadované informace jsou označeny *

*


osm − = 4