Úvodní stránka » Advertising & Marketing » 朝活の運動のコツを教えましょう

朝活の運動のコツを教えましょう

記者 三山熊裕 報道

適切な朝の運動は、活力の完全な一日中の人々を作ることができます、睡眠の質を向上させ、体を強化するのに役立ちます。しかし、朝の運動も洗練されているので、いくつかの誤解には注意が必要です。

1.   朝の運動前に水を飲む

体が比較的脱水状態にある朝は、血液の粘度が比較的高く、呼吸のリズムの動きが早くなり、肌の毛穴が広がり、プラス運動で汗を多くかくことで、脱水状態を悪化させてしまいます。早起きして水を飲まずに運動に出かけると、長い時間をかけて口や舌が乾いたり、喉が痛くなったり、目が腫れたりしやすくなります。また、起床後にコップ一杯の水を飲むことで、体内に溜まった毒素を排出し、「体内浄化」の役割を果たすことができます。

もちろん、早朝は水を飲みすぎてはいけませんが、朝は150~200mlを飲むのが適切です。

2.   空腹時に運動しない

空腹時の朝の運動は体に良くなく、低血糖になりやすいです。このような状況を避けるためには、朝の運動前に何かを食べ、満腹状態で運動をすると体への負担が大きくなり、胃腸の消化吸収にも影響が出るため、完全に満腹になるまで食べるのではなく、半分になるまで食べることをお勧めします。

簡単に言うと、朝の運動前には空腹時や満腹時には食べないようにしましょう。

3.   日が昇ってきたら運動する

夜が更けると空気中の汚染物質が多くなり、この汚染された空気を吸うことで体に悪影響を及ぼすことがあります。

太陽が出てきた後、植物の光合成が強化され、空気中の酸素含有量が増加した後、いくつかの希釈と分解のための空気中の汚染物質は、空気の質が比較的良好なときに、朝の運動活動は、人体の代謝のためのより適しています。

4. 30分が理想です

朝の運動は、特に中高年の方はあまり激しい運動はせず、朝の運動時間は20分~30分程度がベストとされています。

もっと注意を払うべきは、ゆっくりとしたウォーキングや太極拳のような、いくつかの内部の筋肉の調整と柔軟性の演習を行うことが良い選択です。

また、朝の運動の前には、ストレッチや屈伸、スクワットなど、筋肉を伸ばせるウォーミングアップ活動を行うことで、急激な動きや思い切った動きによる筋肉の緊張を避けるための準備運動を行うこともあります。

5. 毎朝の練習が良いとは限らない

週に4~5日かけて運動をして、1~2日休んで体の回復と緩衝を図るのが、より科学的な運動方法です。朝の気温が低すぎたり、急に気温が下がったりする場合は、朝の練習はお勧めできません。

特に高齢者や体の弱い人は体温調節能力が低く、冷えは病気になりやすいので注意が必要です。朝に靄がかかっていると、靄に含まれる粉塵や病原性微生物などの有害物質を吸い込みやすくなるので、朝の運動は中止するか、室内での朝の運動に変更するのが良いでしょう。

Štítky:

Napsat komentář

Vaše e-mailová adresa nebude zveřejněna. Vyžadované informace jsou označeny *

*


sedm + 4 =