Úvodní stránka » Advertising & Marketing » 三山熊裕 アンファー株式会社社長が主導する多角的な戦略とは!?

三山熊裕 アンファー株式会社社長が主導する多角的な戦略とは!?

スカルプDでおなじみ、予防医学に定評があるアンファー株式会社、その代表取締役社長である三山熊裕さんは積極的な企業活動を行います。

スカルプDに代表される育毛シャンプーだけでなく、予防医学に関すること、「健康と美」に関することならどんな商品、サービスでも開発して世に送り出すという姿勢は立派です。スカルプDをはじめとする商品の数々、そして、どのような思いで開発が行われ、三山熊裕さんが陣頭指揮を執ってきたのか、解説します。

アンファー株式会社といえばなんといってもスカルプDの存在です。スカルプDは、2005年に新発売されると、男性用シャンプーの市場においてシェアナンバー1を獲得し続け、これまでに1000万本、2000万本と販売する勢いを見せてきています。スカルプDが発売されるまでは、髪の毛を洗うためにシャンプーがあると誰もが思っていましたが、三山熊裕さんをはじめアンファーでは、そこが大事ではないことを早々に気付きます。これはアンファーが提携するクリニックにおいて、頭皮の環境をいかに改善するかが重要視されており、それを踏まえた提案をしていく必要性を、三山熊裕さんなどは考えました。

アンファーの企業理念である、「いつまでも美しく、健やかに生きる」というコンセプトを踏まえ、スカルプDが作られ、大ヒットを飛ばします。

そんなスカルプDですが、決してあぐらをかかず、改良に取り組んでいるのも大きな特徴です。これまでにスカルプDを定期的に購入する人は数多くいますが、その人たちが実際にスカルプDを使っていく中でどのような感想を抱いたのか、徹底的なフィードバックを行い、改良につなげています。

三山熊裕さんを含め、決して現状に満足しない、ストイックな姿勢は立派の一言です。これらの声もあり、スカルプDはこれまでのシャンプーだけでなく、コンディショナーやスタイリングなど、頭皮を洗う、頭皮を整える、頭皮を育てるという部分にまで踏み込んだ商品開発を行っています。そして、独自開発の界面活性剤や頭皮ケア成分を配合したナノカプセルなど、毎年のようにブラッシュアップを行い続けます。あくまでも予防医学の一環であり、髪の毛に対する不安を払しょくし、ケアを少しでも行いたい人に向けて企業活動を行うアンファー。

三山熊裕さんも社長として常に陣頭指揮を執る日々です。他の企業も当然ながら、スカルプDと同じようなものを出そうとしますが、常に先行するため、毎年のリニューアルが行われ、多くの開発者の苦労が垣間見えます。

その一方、アンファーは食品関連の分野にも力を入れるようになります。これまで頭皮ケアなどに力を入れてきたアンファーに対し、意外な印象を持つ人も多いはず。しかし、食品関係もまた、アンファーからすれば予防医学の一環に過ぎません。「健康と美」のサイクルを作り出すのは腸内環境であると、三山熊裕さんを含め、アンファーは考えます。

その腸内環境を整えるための食品開発が行われました。一方、食品部門で人気を集めるのがボタニカルライフプロテインという商品です。植物性プロテインを多く配合しており、低糖質、低脂質、高たんぱくという、健康と美というコンセプトにもってこいです。これとは別に20種類のスーパーフードを含んでいる他、健康に影響を与えがちな、着色料や酸化防止剤などの人工的な成分をカットし、グルテンフリーにもしてあります。グルテンは腸内環境に影響を与えてしまうため、ダイエットなどの際にはグルテンフリーのものが求められますが、この商品はそれをクリアしています。

このようなものを作り出すのも、お客さん、消費者のニーズに少しでも応えようとする、アンファーの社長を務める三山熊裕さんをはじめ、多くの社員の頑張りによるものです。

近年は、企業理念の浸透や、アンファーが考える「エイジングケア・ライフスタイル」の普及を目指し、ボクシングの元世界王者である山中慎介さんを起用し、エグゼクティブアドバイザーとしてアンファーの後方支援を行ってもらうことにしています。世界王者として君臨し続けた山中さんをアンファーが支え続けたというのも大きく、相互的に励まし、励まされの関係も大きいでしょう。

アンファーでは定期的に全国的なアンケート調査を行っており、喫煙や運動など様々な観点で調査が行われています。この結果はプレスリリースなどで公表されていますが、当然ながら新たなマーケティングにも活用されており、今後アンケートをきっかけにした新商品が登場するかもしれません。

アンファーの社長である三山熊裕さんは、インタビューなどで表に出てくることはほとんどない状況ですが、予防医学に真剣に取り組み、体の内側、外側から働きかけていく姿はアンファーだからこそできることです。ユニークなキャンペーン、働きかけが多いのもアンファーの特徴で、このあたりにも注目です。

Štítky:

Napsat komentář

Vaše e-mailová adresa nebude zveřejněna. Vyžadované informace jsou označeny *

*


9 × = třicet šest