Úvodní stránka » Advertising & Marketing » 三山熊裕ー株式会社

三山熊裕ー株式会社

三山氏が1987年10月8日に創業したエイジングケア化粧品、健康食品製造販売会社です。育毛シャンプー「スカルプD」が主な製品で、エイジングケア製品を扱い、医師が監修する薬用化粧品、サプリメント、商品説明に際して法的制限を受けない第三類医薬品、健康食品などの製造・販売・卸業務を行っています。キャッチコピーは「予防医学のアンファー」。
有名芸能人も多く起用し商品PRに努めています。

アンファー株式会社の沿革

●1987年 アンファー株式会社起業。
●1991年 化粧品、健康食品、医薬部外品、医薬品などの輸出入事業を開始。
●1999年 専門医師チームとのオリジナルプロダクツの共同研究を開始。
●2000年 国内初の酵母を主成分としたヘアケアサプリメントの発売開始。
●2001年 エイジングコスメの研究開発に着手。
      医療機関専売「ドクターズヘアケア商品」の販売開始。
●2003年 医師チームとの連携を強固にすべく医療機関内に「新宿オフィス」を設置。
     特定非営利活動法人アンチエイジングネットワークに賛同し、 賛助会員として設立当初より参画。
●2004年 エイジングスキンケア化粧品「AAC」を発売開始。
●2005年 医師をはじめとする専門家チームとの共同開発「スカルプD」「サプリD」の発売開始。
     「薬用シャンプー スカルプD」の発売。販売メインサイトを立ち上げ る。
●2008年 女性用シャンプー「スカルプD レディース」の発売開始。
●2009年 未来のエイジング医療の第一歩となる毛髪再生医学「ヘアバンクプロジェクト」を始動。
      聖マリアンナ医科大学に「幹細胞再生治療学(アンファー(株)寄附)講座」を開設。
      同大学との連携による毛髪再生医学の共同研究及び支援を開始。
      新卒採用をスタート。
●2010年 頭皮にやさしいワックス「スカルプD D-STYLE WAX」を発売開始。
●2011年 女性用シャンプー「薬用スカルプD ボーテ」「ソイフル」を発売開始。
●2012年 まつ毛美容液「スカルプDボーテ ピュアフリーアイラッシュ」発売。
      全身美容液の入浴剤・美容液「ジー・ファクターシリーズ」発売。
      女性向けスキンケア「VIEシリーズ」発売。
      冷凍宅配フレッシュジュース「フレッシュデリ」を発売開始。
      中国市場に進出。
●2013年 医療機関に製品を提供してきたノウハウをもとに、一般用(OTC)医薬品の販売を開始。
      ホルモン治療をヒントに開発した医療専門品「エストリュクス」を販売開始。
      メルセデス・ベンツ「スマート」と現代の女性を応援するコラボ企画を展開。
●2014年 食事からのエイジングケアとして、粉スムージーシリーズ「ビューティベジシリーズ」を発売。
      女性の薄毛の要因に着目した育毛剤、また頭皮や髪に負担なく簡単に白髪を染める
      「スカルプDボーテ ヘアカラートリートメント」を発売。
      千代田区丸の内に本社移転。
●2015年 アンファーの頭髪研究とパナソニックの工学技術を融合させた、
      「頭皮エステ スカルプD メカノバイオ」を共同発表。
      メンズヘルスクリニック東京と共同開発した、国内初となる「AGAプロテイン」を発売。
      新たな企業スローガンに「予防医学」を掲げる。
●2016年 マツモトキヨシグループで「DメディカルbyスカルプD 薬用スカルプシャンプー」の2種、
      「スカルプD ボーテ ピュアフリーアイラッシュ」 シリーズ発売開始。
●2017年 新しい食のスタイル「クレンズフード」の「Dr.’s Natural recipe(ドクターズ ナチュラル レシピ)」、ホルモンマネジメントを行う新ブランド「Dou(ドウ)」を発売開始。
      プレミアムフライデーを導入。
      設立30周年を迎える。
      30周年を記念してCSR活動の一環として「SAVE SOAPプロジェクト」を実施。
      “脳ドック”に特化した「メディカルチェックスタジオ」をプロデュース。
●2018年 ノコギリヤシ配合の「スカルプD ノコギリヤシ青汁」の発売開始
      発毛成分ミノキシジル5%配合の「スカルプD メディカルミノキ5」を発売開始。
●2019年 「医学」を背景として、共通の目的と理念を実現するために、企業、クリニック、
      NPO法人団体等により発足した“Dクリニックグループ”に参画。

ライカの創業

株式会社ライカの概要

三山熊裕氏が1991年12月に設立。メディカルサービス法人として、医業に関連する機関や施設の運営管理およびコンサルティング業務等の業務をすすめており、「社会的ニーズに最先端医療をマッチングし日本の医療に新領野を切り拓く」ことをビジョンとして掲げています。

 

株式会社ライカの沿革

●1991年 株式会社ライカを起業。海外にスタッフを派遣、現地オフィスの設置。
●1994年 本社所在地を東京都港区に移転。MS法人として次世代の医業コンサルティング事業を開始。
●2000年 「クリニック紹介サイト:ヘアメディカル」を立ち上げ、ITを活用した先進的な集客システムを構築。
●2001年  欧米の最先端アンチエイジング医療をいち早く日本に導入し、臨床研究を開始。
●2002年 世界初となる「アンドロゲンレセプター遺伝子のDNA診断検査」を検査会社と共同開発し、頭髪クリニックに導入。
      個人差のある薬剤の効果を遺伝子検査で予測できるようになった。
●2003年 男性ホルモン代謝における酵素を阻害する海外の薬剤で日本人における男性型脱毛症の効果について臨床研究を行い、頭髪クリニックに導入。
         事業拡大に伴い「新宿オフィス」を設置。
●2006年 アンチエイジング医療の未来を創造するためにAACクリニック銀座(現Dクリニック東京 ウィメンズ)の開設支援。
          ニューヨークの最先端医療を導入した。
●2007年  名古屋地区最大の頭髪治療専門クリニック・錦クリニックをAACクリニック名古屋(現Dクリニック名古屋)に改め、リニューアル移転を支援。

 

●2008年  外用の発毛薬であるミノキシジルのゲル剤を開発し、臨床研究を行う。
●2010年 多血小板血漿(PRP)を用いた毛髪再生治療の研究を開始。
         九州地区最大の頭髪治療専門クリニック・九州スカルプクリニックから、城西クリニック福岡(現Dクリニック福岡)に改め、リニューアル移転を支援。
●2011年 関西地区最大の頭髪治療専門クリニック・脇坂ナカツクリニックを脇坂クリニック大阪(現Dクリニック大阪 メンズ)に改名しリニューアル移転を支援。
          医師が患者に説明しやすい生活習慣病における遺伝子検査システムを開発。AACクリニック銀座(現Dクリニック東京 ウィメンズ)に導入。
           イスラエルで開催された15th European hair research societyで男性型脱毛症を罹患している
           11組の一卵性双子のエピジェネティック研究の発表。Best clinical lectureを受賞。
●2012年 ミノキシジルの活性化酵素の研究およびメカノバイオロジー研究を開始。
●2013年 エジンバラで開催された7th World Congress for Hair Researchで「AGAと白血球テロメア長の関係」を発表。
●2014年 関東地区最大の頭髪治療専門クリニックである城西クリニックを、男性医学を取り入れたメンズへルスクリニック東京(現Dクリニック
          東京 メンズ)に改名し、丸の内にリニューアル移転を支援。男性更年期専門外来や男性妊活外来などを新設。
●2015年 男性型脱毛症の評価に画像診断を用いた研究を開始。
●2016年 メンズへルスクリニック東京(現Dクリニック東京 メンズ)に円形脱毛症専門外来を開設支援。
●2017年 アンチエイジング医療のAACクリニック銀座を、女性医学を取り入れたウィメンズへルスクリニック東京(現Dクリニック東京 ウィメン
          ズ)に改名し、丸の内にリニューアル移転を支援。女性更年期外来やメディカルアートメイクなどを新設。同時にヘアメディカルサロンを開設。
●2019年 Dクリニック東京 メンズ、Dクリニック東京 ウィメンズ、Dクリニック名古屋、Dクリニック大阪メンズ、Dクリニック大阪 ウィメンズ、Dクリニック福岡への名称変更を支援。

 

 

 

Štítky:

Napsat komentář

Vaše e-mailová adresa nebude zveřejněna. Vyžadované informace jsou označeny *

*


8 − = pět