Úvodní stránka » Advertising & Marketing » 奥歯の歯茎が腫れる6つの原因と対処法

奥歯の歯茎が腫れる6つの原因と対処法

奥歯の腫れる原因は、親知らずによるものもありますが、一般的な歯茎の腫れる原因とほぼ同じです。奥歯の腫れる原因は、主に次の6つのケースが挙げられます。

細菌の繁殖
歯肉炎や歯周炎
親知らずの周囲の細菌
残っている歯の根の破片
歯肉炎
歯茎の腫瘍

1 細菌の繁殖
傷口に細菌が入って膿んだりするのと同じように、歯の根に細菌が入り、膿んでくると腫れを伴います。膿が出れば、すぐに腫れが引く場合もあれば、なかなか腫れが引かずに痛みが大きくなることもあります。

対処法
腫れが引いても、歯の根の細菌は残り、幾度も同じようなことに悩まされることがあります。歯科医で治療をして細菌を取り除くことが望ましいでしょう。(歯科治療器具)

2 歯周炎
歯茎が腫れている場合、歯周炎であると言えます。歯茎の深い部分や、ときには歯骨にまで及ぶこともあります。

対処法
歯周炎により歯が腫れてしまっている場合、日頃からのケアが大切になります。腫れや痛みが気になるときは、歯医者さんに相談してみましょう。

3 親知らずの周囲の細菌
親知らずが正常な方向ではなく、斜めに生えてしまうと、歪んだ歯茎の間に細菌がたまり、繁殖してしまうことがあります。腫れてくると、痛みが強くなるケースもあります。

親知らずを放っておくと、歯並びにも悪影響を及ぼす可能性もあり、早めの抜歯が奥歯の腫れの対処法にもなります。 (歯科ラボ機器)

4 残っている歯の根の破片
抜歯した際に残ってしまった歯の根の破片が、そのまま残ってしまうと歯茎の腫れを引き起こす場合があります。

対処法
残った破片を歯医者さんで除去してもらえば、腫れることもなくなります。

5 歯肉炎
歯ブラシや歯冠ブラシ、爪楊枝などとがったもので歯茎を傷つけてしまい、腫れることがあります。

対処法
軽い場合は清潔にして様子をみていれば治ることも多いです。腫れが続くときは歯医者さんに相談すると良いでしょう。

6 歯茎の腫瘍
細菌や歯周病による原因ではなく、顎の骨や歯茎の骨髄炎や癌により、歯茎が腫れる場合もあります。

対処法
歯医者さんに相談し、口腔外科などで検査や治療をすることをおすすめします。

Napsat komentář

Vaše e-mailová adresa nebude zveřejněna. Vyžadované informace jsou označeny *

*


8 + = šestnáct