Úvodní stránka » Advertising & Marketing » 矯正歯科はなぜ必要?

矯正歯科はなぜ必要?

最近の学校歯科検診では、今までのようにむし歯をチェックするだけではありません。歯周疾患や歯並びについても、詳しく保護者に知らせるようになりました。それだけの歯ならびの大切さが、深く認識されるようになってきたのです。

歯ならびが悪ければ、かみ合わせも悪いので、全身の健康に大きな影響を与えます。それは肉体的なものばかりでなく、精神的にも大きな負担となります。豊かな顔の表情をたいせつにする欧米人では、健康的で整った美しい歯ならびが常識になっています。ひと昔前の日本では、八重歯をチャームポイントとする人を多く見かけましたが、最近では歯ならびに対する日本人の考え方も、審美から健康の獲得へと変化してきています。

歯ならびを治す矯正歯科は、病気を治すのと同じように歯の正常な咀嚼機能を取り戻し、健康な身体と心をつくるための歯科治療なのです。そして治療がすめば、健全な咀嚼器官と共に健康美あふれる笑顔も手に入れることができます。
矯正歯科治療は成長・発育期に行うのがよいとされており、小学生から中学生に治療開始することが多いのですが、成人の方も治療が可能です。一度矯正相談を受けられ、お考えになることをお奨めいたします。

〈矯正治療が必要な不正咬合の判定基準〉歯科矯正用製品

□顔や歯並びが左右対称か。
□横顔で唇がひどく出ていたり、引っ込んでいることはないか。
□上の歯はすべて下の歯を覆っているか。
□上下の前歯の中心が一致しているか。
□歯が重なっていたり、間に隙間はないか。
□上の前歯や下の前歯が前方に出ていないか、その逆はないか。
□前歯がひどく伸びだしていることはないか。
□部分的に食物が歯の間に停滞したり、はさまることはないか。
□ひどく磨り減っている歯はないか。
□口臭が気にならないか。

悪い歯並びや咬み合わせがあると、以下のような問題が起こると考えられています。

・顎の正常な成長・発育が阻害される。
・ますます歯並びや噛み合わせが悪くなる。
・硬い食物を食べることが困難になる。
・むし歯や歯周病になりやすく、歯の寿命が短くなる。
・口元が悪く、劣等感を感じることがある。

Napsat komentář

Vaše emailová adresa nebude zveřejněna. Vyžadované informace jsou označeny *

*


− 3 = tři