Úvodní stránka » Advertising & Marketing » 米国発祥のホワイトニング

米国発祥のホワイトニング

歯科における“ホワイトニング”とはwhiten(白くする)を名詞化したもの(whitening)で、広義では歯の表面の着色を取ったり、歯にセラミックなどの被せものをして色と形を整えたりすることまでを含む。(ホワイトニング機器

しかし、一般的にホワイトニングといえば「歯を根本的に白くする」という手法になる。それは、歯の表面に薬品を作用させ、歯自体を傷つけずに変色の原因になる内部の色素を分解し、白さと明るさを上げることなのである。(ホワイトニング照射器

ホワイトニングは1989年にアメリカで実用化された技術である。健康的な美しさを見せるといった対外的な要素も含んでいるため、ハリウッドや日本にかぎらず世界的に俳優や女優などから、よく求められる歯科技術でもある。

ちなみに、自らの口に自信がない人は、笑うときや話すとき、手で口を隠してしまったり、会話でも“口をつぐんで”しまったりする傾向がある。そういった人たちはホワイトニングによって、良好な対人関係を構築できたり、外見に対する自信を高めたりすることができるようになる、ともされる。

Napsat komentář

Vaše emailová adresa nebude zveřejněna. Vyžadované informace jsou označeny *

*


8 − sedm =