Úvodní stránka » Advertising & Marketing » 超音波スケーラーの構造と保養及び注意事項について

超音波スケーラーの構造と保養及び注意事項について

超音波スケーラーは周波数が20Hz以上の超音波振動を利用して歯石を洗浄したり・歯垢を除去したりする口腔医療機器で、伝統な手作りスケーラーに比べて効率が高く、速度が速く、傷が軽く、出血が少ない、省時・省力などのメリットがある。

そして、操作が簡単で、厳しく訓練しなくて、よい経済的な利益だので、現在では口腔臨床に広く応用される。超音波スケーラーは精密で複雑な医療器械に属する。正解に使用したり、定期に維持したり保養したりすることは故障を減らして回避して、寿命を延长して、良好な作業状態にする有効な手段だ。超音波スケーラーの構造及び使用中の注意事项と保養方法、一般故障処理について簡単に绍介させていただきます。

1.超音波スケーラーの主要な部品
現在、臨床で使用される超音波スケーラーは圧電作用を持つ機型が多く。その特徴は効率が大きく、発熱が小さく、放水装置を持つ。この器械は超音波発生器、トランスデューサ、チップ、フット・スイッチのような4つの部分から構成される。

2.使用している過程中で注意事項と保養方法

(1)術前のテストは電源を起動し、中等な出力(効率標準数目は1~4、すなわち低等な出力は2.0で、中等な出力は3.0で、高等な出力は4.0である)までを調整し、すぐにフット・スイッチを踏み、周波数表を調整し、指示計が最大値(一般的に60~80μA)を偏る。この時はチョップが水面ニ触れたら、大量な水煙が噴射を見え、超音波振動を説明する。

(2)スケーラーをしている過程で、チップは放水しなければならなく、歯石にスポットを当て、過度なストレスを与えてはならない。同時に、発熱ため発生器とトランスデューサに損傷するのを防ぎ、いつもチップを換えなければならない。

(3)超音波スケーラーは心臓ペースメーカーを持つ患者を適しない。そのゆえに、このような患者は周囲な電磁波放射の干渉を受け、目眩、癲癇、不整脈などを誘発するためには、手術前に病気の歴史を詳しく調べることが求められる。

(4)超音波スケーラーのチップとトランスデューサは煮沸しと浸た消毒してはならない。専門な消毒器械の中を置き、トランスデューサを損なうために。

(5)超音波歯ケーラーの取水装置は水道水と繋がって、週ごとに2~3回は取水装置の網を洗浄し、水錆びを詰めるのを防ぐ。

文章ソース  超音波スケーラーの構造と保養及び注意事項について

Napsat komentář

Vaše emailová adresa nebude zveřejněna. Vyžadované informace jsou označeny *

*


3 × = dvanáct