Úvodní stránka » Advertising & Marketing » 歯が黄ばむになる原因はなにか?ホワイトニングの民間薬が何か?

歯が黄ばむになる原因はなにか?ホワイトニングの民間薬が何か?

歯が黄ばむになる原因
1.不良な生活習慣があって、口腔の衛生を気が付かないから、歯が黄ばむばかりでなく、口臭や歯齦炎や虫歯を引き起こすという現象が出る。

2.タバコを吸う。タバコはある成分が含まれるので、燃える時にタールを生成下あげく、歯が黄ばむななる。

3.年齢要素:年齢が経つについて、歯は生理性上で色が変わる。

4.外因性的な要素:長期にコーヒーや濃いお茶やコーラなどを飲むため、歯はだんだん変色してくる。

5.先天性な要素:遺伝な要素だろう。異なる人種の歯の色が異なる。例えば、 黒人の歯は白くて、」歴然な対照を形成している。黄色人の歯の顔色は黄色らしい、私たちの皮膚によく合う。一般的に、両親の歯の顔色は子供の歯の色を決める。両親の歯が明るく白ては、子供の歯もそうだ。(多くの場合が以上のようだが、例外もある)。

6.薬物要素:私たちは長期に薬を飲んだら、例えば、テトラサイクリンを飲んで、「テトラサイクリン歯」を引き起こす。歯の色には悪くなって、エナメルが欠損で、歯面も粗糙ななる。

最も効果でやすいホワイトニングの方法
1.オレンジピール泡でホワイトニングをする
オレンジピールは細かい泡をして、毎日の朝夕で少し粉末が歯磨きを入れる。オレンジは防腐滅菌という効果が発揮できる。歯を磨く時に、オレンジは歯も白く、口腔が清香になる。長期に使用すれば、歯は有効で強固になる。

2.細かい南京豆でホワイトニングをする
歯が黄ばむになる人は南京豆ホワイトニングという方法をしてみる。南京豆が細かくするまたは噛んだ後歯を磨くことにも効果がある。南京豆では硬くて乾燥を選んだほうがいい。

3.イチゴでホワイトニングをする
一つの新鮮的なイチゴをつき砕んた歯を磨くまたはイチゴをスライスして歯を磨く。一週間ぐらい歴然な効果がある。偶然に使えれば、効果を保つ。安いよ。

4.レモン汁でホワイトニングをする
レモンではホワントニングの作用を持って、そして、豊かにビタミンCが含まれて、歯に強固に鳴なる。毎晩に歯を磨く時にカーゼでレモン汁をつける後で、歯を磨く。

5.塩を付く歯磨きでホワイトニングをする
平常的な食用塩を使うことはいい。歯磨きは歯ブラシに絞って、塩と歯を磨く。朝夕には二回、一週の後で明らかな効果がある。

6.コールドホワイトニング
コールドホワイトニングはホワイトニング照射器でホワイトニングをするという方法だ。美容院と整形医療機構ではホワイトニングをしてみる。価格は何百円くらい、効果もいい。しかし、歯周病のような疾病が罹る人はこの方法をしてみない。そうすれば、歯を刺激して、歯の不快感を加重する。

文章ソース 歯が黄ばむになる原因はなにか?ホワイトニングの民間薬が何か? 

Napsat komentář

Vaše emailová adresa nebude zveřejněna. Vyžadované informace jsou označeny *

*


čtyři + 2 =