Úvodní stránka » Nezařazené » 初期虫歯の症状を知って早めの対処

初期虫歯の症状を知って早めの対処

1.冷たい食べ物が歯にしみる

冷たい食べ物や飲み物を口に含んだときに、歯にしみるような感覚があったら初期虫歯と考えて良いでしょう。
歯にしみるということは、歯の表面が初期虫歯のために削られている状態になっていると予想できます。
歯にしみている状態では、食事を楽しむことが難しいでしょう。
早めに歯科医院で、チェックしてもらってください。(歯科 口腔内カメラ

2.歯の表面が白っぽく変色する

初期虫歯になると、歯の透明感が失われて歯の表面が白っぽく変色します。
歯ぐきと歯の境(さか)い目や奥歯の噛(か)み合わせに、白い部分があると初期虫歯である可能性が高いでしょう。
歯の表面が白くなっているだけで、痛みなどの症状を感じることがない時期です。

3.奥歯の溝や歯と歯の間が変色してきた

奥歯の溝や歯と歯の間が、なんとなく茶色く変色していると感じたら初期虫歯と判断しましょう。
ただし、茶色く変色している場合は、コーヒーや紅茶などの着色汚れの可能性もあります。
着色汚れなのか初期虫歯なのかを判断するためにも、歯科医に相談して適切な処置を取ってもらうと良いでしょう。
虫歯でない場合でも、汚れをクリーニングすると白い歯に戻すことができますよ。(手術用無影灯

Napsat komentář