高出力レーザーポインター光と目への危険性

規格上、クラス1~2なら目に直接あたっても即座に失明しないとされているが、あくまでも失明するか否かという話であり、実際は目に入ると「非常にまぶしい」と感じて瞼を反射的に閉じてしまう光度のレーザーを出しているものもある。その結果、一種の目くらまし効果となり思わぬ事故の原因となりかねない。
ましてや故意にそんな光を当てようものなら、相手に強力な悪意を持っている・危害を加える意思があったとみなされていても仕方のないほどの危険性をはらんでいる。

よって、ペン型レーザーポインター光を取り扱う際はいかなる場合でも直接目に光が入らないよう取り扱うべきである。

また、日常生活ではいわゆるレーザーポインターのように可視光レーザーしかないイメージがあるが、実際は赤外線レーザー、または紫外線レーザーも存在しこれらも直接目に入ればダメージは免れない。よって、レーザー光の警告がある箇所は絶対に不用意に覗き込んではならない。

レーザーポインターは、おもちゃは一般的に非常に小さい場合、それは子供に直接販売することができますので、多くの、レーザー手袋通常の傷害に分かれますが、多くの高出力レーザーポインターの有害な影響されます。我々は、すべての良い、普通の家電製品のための一般的なあまり使用されている大きなものの力はそれに害を引き起こす短絡、このレーザーポインターを引き起こすことがわかっています。

高出力レーザーポインターは、私たちの国の現在の基準によると、0.4 mWのカラス撃退レーザーポインターの電源を意味し、人体へのリスクのレーザーは、4つの基準、すなわち標準レーザー、2つの標準のレーザーに分けられ、唯一の標準的なレーザー3つの標準的なレーザーと4つの標準のレーザーは、人体に問題はありませんし、国家標準文書に従って人体損傷のクラス3Aレーザーポインター以上の使用を推奨しています。人間の目への直接の場合、高出力のレーザーポインタのレーザー発光は、体の敏感な部分が網膜に到達するときに、目がさえ網膜を焼くかもしれませんが、直接の被害が発生します。

http://laserkarasu.smackjeeves.com/

http://watzgritty.com/profiles/blogs/used-red-laser-pointer

Napsat komentář